山梨の釣り

2016年2月29日 (月)

昨シーズン回想4 最後の尺イワナ

 昨年の最終釣行は、4月にいい釣りができた山梨の渓へ父を案内しました。

 あまり釣果には期待せず、イワナと山との触れ合いが多かった昨年らしい場所で竿が出せればそれでいいかなと思っていましたが、素晴らしい2本のイワナが最後を飾ってくれました。

201501

 まずは手のひらサイズのチビイワナでしたが、ランディングしてみてびっくり。

 ぱっと目につくポップな色彩はパレットのよう。

 スポットの色は、側線では白に縁取られたみかん色。 その上段ではアイボリーに変わり、背中ではなんと水色。

 アブラ鰭は白とオレンジのマーブル模様を描き、まるで金魚の鰭。

 日本の川で最も美しい魚はヤマメかアマゴだと信じて疑いませんでしたが、信念を揺るがすようなイワナがこの渓には居ました。

 父にもキレイなイワナを釣ってもらいながら遡行し、昨年最後の釣りも終盤に差し掛かった頃、次は良型が私の竿を絞りました。

 201502




 昨年を締めくくったのは、雄の白い尺イワナ。 これが釣れれば、何も言うことはありません。

 これほど綺麗な尺イワナとの出会いは初めてのこと。 やっぱりこの渓は最高だ。

 最後には父も9寸クラスを出し、お互い最高の気分で昨シーズンを終えました。

 結局、痺れるような大物との出会いは果たせませんでしたが、より釣りの楽しさの本質に迫れたような気がする半年間でした。

 今年はどんなシーズンになるでしょう。

 あと6時間と少し、この夜が空けたら、2016年の釣りも始まりです。

 

 今年も、よい時間が過ごせますように・・・

201503

昨シーズン回想3 山とヤマト

 9月某日、父の提案で初めての南アルプスへ。

 

 標高2000mの地で手にしたイワナは、憧れのヤマト・・・

2015091

 水温が低いため、体にはすでに夜空のような藍色の錆びが差し始めていました。

 その上に浮かぶ星々は、かなり赤みの強いオレンジ。

 2015092


 白点は淡く、背中ではほぼ消えかかっています。 確かに、ニッコウイワナとは少し違った血が流れているように見えます。

2015093

 流石は人気河川の野呂川だけあって、源流近くの両俣小屋周辺でも先行者が多く、たくさんのヤマトには出会えませんでした。

 それでも嫌な感じはなく、漁協や釣り人が大切にしているのがよく伝わってくるいい川でした。

 ちょっと経験したことのないタイプです。

2015094

 
 周囲には野生動物の濃厚な気配も。 小屋のテン場からいくらも離れていない木の幹に、しっかりとクマの爪跡が刻まれていました。

2015095

 いつもより少し怯えながらのテント泊。 緊張のせいか興奮のせいかは分かりませんが、よく眠れませんでした。

 眠っては目を覚ましての繰り返しで、いつのまにか2日目の朝を迎えていました。

 明け方の気温はなんと5度。 昨年の体感で最も寒い朝は、まさかの9月中旬のこの時でした。

 さて、2日目は釣りではなく、登山。 

 目指すのは北岳の頂。 

 野呂川左岸の尾根を延々とつたい、小屋の前ではあれだけの水量があった野呂川の源流を越える。

 森林限界を突破し、間ノ岳(3189m)、中白根山(3055m)を経て、ついに主峰北岳が姿を現しました。

2015096

 “自称”晴れ男の父の力か、最高の天気。

 さあ、もう一息。

 一歩一歩踏みしめながら前進し、数十分後・・・

 ついに、日本第2位の高峰、北岳の頂を踏むことができました。

2015097


 天国のような景色と、今まで知らなかった何ともいえない達成感。 これが登山の魅力なのでしょうか。

2015098
 

 こうして登山と釣りを通して、南アルプスの雄大さを知った遠征は無事に終了。 日程が遅れたり、トラブルもありましたが、まったく知らない遠くへの旅はいいものですね。

 これに味をしめてしまって、今年は北アルプスに行こうか、なんて父と話し合っています。

2015年5月 9日 (土)

一人旅

 710





 知らない場所で釣りをすること。

 今年の目標の一つであり、今一番魅力を感じているのがそんな釣りです。

 先にどんな流れがあって、どんな姿の渓魚がいるのかも分からないまま、期待を膨らませながら川を歩くことには、何物にも代えがたい楽しさがあります。

 そんな楽しみを求めて、このGWに泊まり込みで一人旅をしてきました。 

 

 学校が終わったあとに準備と仮眠を済ませ、夜11時に出発。 

 人気のない道路をひたすら進み、パワーのない原付で県境の山道をトロトロと越え。

 コンビニで日釣り券を購入した後、深夜3時過ぎにまだ真っ暗な目的地に到着。

 自分の最長走行距離を塗り替えて、やってきました。 

 夜明けまではまだ時間があるので、寝袋に潜り込み再び仮眠。

 そして辺りが薄明るくなってきた頃、また起きだして高台から川を覗きこむと・・・

 

 場所は山梨県北部の渓流。

 そこには、これだけでも来た甲斐があると思えるほど素晴らしい水が流れていました。

 そそくさと準備を済ませ、日の出を合図に川へと降り立ちました。

 

 間近で見ても水はやはりどこまでも青く透明で、垢一つ張っていない川床の上を滑っています。 あとは魚さえ居れば・・・

 

 始めて間もなく現れた砂底のプールで、小さいながらもルアーを追う元気な影が見えました。 

 なんとかなりそうな雰囲気にひとまず安心しながら釣り上がっていくと、さっそくこの旅の目的を果たすことができました。

 13

 そう、旅の目的とはずばりこのアマゴを釣ること。 そのために、他でもなく山梨を選んだのです。

 こうして初めて朱点を直に拝みましたが、小さいアマゴながらもその魅力を存分に伝えてくれました。 

 もういつか再訪することを考えてしまうほどに・・・

 さて、目的は果たしたといってもまだ朝6時前。

 この日は泊まっていく予定のため、まだたっぷり時間はあります。 さらにいいアマゴを求め、歩いているだけで心が洗われるような谷を遡行、遡行。

2_24

 これだけ綺麗で入りやすい川なので、スレているのでしょう、反応はあまりいいとは言えません。 それでもイワナ混じりでぽつぽつとバイトがありますが、アマゴばかりをバラシ。 結局、アマゴはもう一匹を追加するに留まりました。

 しかし、この日はイワナが当たり。

 最後の堰堤を越えたところで途端に落差ある渓相に変化し、それまで圧倒的優勢だったアマゴの姿がぱったりと途絶えました。 代わりにその先はイワナの良き棲家。 ここぞという大場所には必ずといっていいほど着いていて、サイズも25センチ前後のものが次々とヒット。 しかも綺麗でよく太ったイワナばかり。 普段イワナに見放されている私には嬉しすぎるシチュエーションでした。

5


 光の当たり方によって黄色味が飛んでしまったり、逆に濃く写りすぎたりと、写真だとずいぶん色合いが変化してしまいますが、実際には揃った特徴を備えた、この地特有の血が流れていることを感じさせるイワナたち。 しかもコンディションも良いとくれば、それまでアマゴを釣るために戻って下流域に行こうかと考えていたことも忘れてしまいます。

6


 もう引き返すつもりはなくとも、本当はアマゴが釣りたいんだけどな、なんて考えはまだ消えていませんでした。 いつもならこんなバチあたりなことを考えているといいことはないのですが、この日は違いました。 

 アマゴが釣りたいと思いながらも戻らなかったのは、もはやまずまずのサイズが当たり前の状況を見て、ほとんど確信していたから。 滝から続く長いプールで、これでも不満かとばかりにミノーを齧ったのは、やはり尺イワナでした。

8

 ゴツく、厳つく、鮮やか。

 こんなイワナが釣れれば、もう何も不満はありません。 引き返さなくて本当に良かった。

9


 腹も大好きな柿色系。 この日釣ってきた中でも一際濃い色を見せてくれました。

 

 撮影を済ませリリースし、流れに戻っていく姿を見送ってホッと一息。 時計を見ると3時半。 先は険しさを増しているようだし、滝の上を少し探ったところで引き返しました。

 駐車した場所まで戻った後、一旦街中まで出て給油。 そして、帰路の途中で適当な場所を見つけてテント泊。 寝不足を解消すべくたっぷり睡眠をとって、翌日の朝、午後からの用のために山梨を去りました。

 少し慌ただしい計画でしたが、疲れも吹き飛ぶほど満足。 尺イワナが釣れてくれたことはもちろんですが、アマゴの姿が見られたことで、やっぱり知らない場所での釣りは面白いものだと思えました。

 

 毎回そううまくいくわけはないと分かっていても、次はどこに行こうか、なんて考えてしまっています。

 

その他のカテゴリー