新潟の釣り

2017年5月18日 (木)

2017GW

 今年のGWは数年ぶりの春の新潟でイワナ三昧でした。

 関東では味わえない巨大な雪渓の残る谷での釣りの味はなかなかのものです。

2017566

2017531
 初日の沢の水は案外温かく、魚たちも思ったよりしっかりした体になっていました。

 しかし2日目の沢は同じ山系にもかかわらずなぜか身を切るような冷たさ。 そのせいかやや痩せ気味の魚が多め。 それでも前週の山梨の沢よりも錆を残した魚が少なく感じるのは気のせいでしょうか。

2017564
 

2017563
2017532

 キレイな魚に、尺イワナまで出て気分は上々。

2017565
 最終日の3日目もぴかぴかのイワナたちに遊んでもらえました。

 さあそろそろヤマメにも会いに行きましょうか。

2016年8月23日 (火)

最後の夏休み 2

 翌日は別の支流へ。

 こちらの沢も人の気配はまるで感じられません。

 入渓点からしばらくは背丈を超える草が生い茂り、やっとその先の森に抜け出たら、頼りない踏み跡には簡単にどかせそうな邪魔な倒木も堂々と横たわったままになっていました。

 川辺に降り立ち、砂地に足跡を探す・・・

 やはり、ありません。

 先に準備を終えた父が釣りを始めると、一投目から2匹のイワナがチェイスしてきたといいます。 このときから期待は持てそうだと感じていましたが、まさかこの先にあれほどまでのイワナの楽園が待ち受けているとは思いもしませんでした。

201608121
 前日に入った沢に比べれば、渓相も平均的な魚体の色合いの美しさも劣ってしまうのですが、魚影はこちらが圧倒的。

 良さそうなポイントには必ず、本当に1つの例外もなく必ず魚が入っていて、大場所では良型が5、6匹同時に追ってくることも当たり前・・・

 流れの中に定位するイワナを見つけることだって簡単でした。

 禁漁区でもない、放流にも頼らない場所でこれほどの魚影が見られることには驚くほかありません。

 ただし何十匹も釣れたのかというとそうでもありませんでした。

 離れたところからすっ飛んできたり、絡みつくように何度もチェイスしてくるところまでは釣り人を知らないピュアなイワナの反応に見えるのに、なぜかバイトまで至らない・・・

 足跡もゴミも一つもなく、入渓ルート以外には踏み跡すらないので、やはりどう考えてもスレているとは思えないし、第一この異常なまでの魚影の濃さは誰も来ていないことを証明しているように見えるのですが、本当にたくさんのイワナに見切られてしまいました。

 でも反応した魚は必ず喰うような状態だったら、きっと釣れすぎて飽きてしまったと思います。

 それでも普段に比べたらずいぶん釣れたんですけどね。 

201608123
 このゆうに尺を超えるイワナも、結局釣り上げることはできませんでした。

 屈折のせいで目が飛び出て見える不恰好な写真しか残せませんでしたが、釣れたらきっと絵になるイワナだったんだろうなあ・・・

 近づいても逃げなかったので、いっそ掬ってやろうかと思って水中にネットを突っ込んだら、さすがに逃げられました。

201608122
 

 実際に釣れた大きさは、私も父も泣き尺が最大でした。

 これは確か私が釣った28センチほどのイワナ。

 鳥につつかれたのか、増水で流れた石に挟まれたのかは分かりませんが、尾鰭がちぎれていました。

 完全な状態でも尺には届かなかったかな・・・

 結局大物には出会えませんでしたが、この日もとびきりのキレイなイワナに出会うことができました。

 ある白いナメ床と砂のプールで9寸ほどのイワナがヒット。

 このくらいの大きさならこの日は何匹も出会ってきたので最初は特に驚きもなかったのですが、はっきり目視できる距離まで寄せたところでキレイな青い背中が見えました。

201608124
 

 爽やかで瑞々しい最高の美魚がネットに収まり、前日の沢のイワナに勝るとも劣らないその姿にしばし釘付けになってしまいました。

 沢はまだまだ奥まで続いており、登っても登っても最後までイワナの姿が絶えることはありませんでしたが、時計を見るともう午後2時。 後ろ髪を引かれる思いでもと来た道のりを引き返しました。

 家に戻ると、大叔父が豪勢な夕食を用意してくれていました。 疲れた体には有難いです。

 それから私たちも、あれだけ魚影の濃い沢だったので、久~しぶりに2匹のイワナを頂戴してきました。 今の時代、どれだけ魚影が濃かろうと推奨されるべき行為ではないのかもしれませんが、自分で釣った天然のイワナを食べることには何ものにも代えがたい喜びがありました。

201608125
 

 夕食のあとは2日分の釣りの疲れを癒すように早く布団に潜りこみました。

 照明を消してしまえば、光は家の前にある古い電灯か月や星の輝きしかなく、部屋はほとんど真っ暗。

 そんな中で聞こえてくる、すぐ近くを流れる川のせせらぎ、虫やカエルの声・・・

 年に何度も味わえないノスタルジックな夜の心地よさに、あっという間に眠りに落ちてゆきました。

 

 

 そして翌日。

 ゆっくり目を覚まして遅めの朝食を済ませたあとで、大叔父に別れを告げて新潟を後にしました。

 

 物心つく前からのこと・・・

 この土地の村を流れる渓流で、父や親戚たちから川遊びを教わりました。

 それ以来私にとっての夏休みといえば、この場所での川遊びが最大のイベントでした。 

 きっと幼い頃からのあの経験がなければ、釣りを好きになることもなかったと思います。

 毎年毎年、本当に楽しませてくれたこと、釣りに出会うきっかけを与えてくれたこと、この場所には感謝してもしきれません。

 最後も楽しませてくれてありがとう。

 

 さようなら、夏休みと思い出の場所・・・

 

 ・・・まあ、社会人になっても暇さえあれば来ると思うんですけどね。 大袈裟に書きすぎました。

2016年8月16日 (火)

最後の夏休み 1

 学校の夏休み自体は9月下旬まで続くのですが、感覚的には、やっぱり夏休みといえば8月いっぱいまでな気がします。

 そして、秋が来る焦燥感もなく夏を満喫していられるのはお盆まで。

 今年度で学生生活を終える私にとっては、このお盆が何も気にせずに夏を過ごせる最後の時間でした。

 

 そんな時間を過ごした場所は、祖母や父が生まれた新潟のとある山村。

 今は大叔父が守る先祖代々の家に厄介になりながら、私も生まれた時からお盆にほぼ毎年来ているこの場所で、父と一緒に釣りをしてきました。

201608111


 初日は、昔の村の住人でも滅多に行かなかったという渓へ。

 今ではなおさら知る人などほとんど居ませんが、私たちにとっては屈指の名渓です。

 それなりに良いサイズの魚に期待が持てることも気に入っている理由のひとつですが、大きな理由は圧倒的な渓谷美とイワナの美しさ、そして誰にも知られていないという点。

 色々な偶然が重なって成り立っている奇跡のような場所です。

201608112

 唯一欠点を挙げるとすれば、他の支流に比べて随分魚影が薄いこと。 恐らくイワナにとっても厳しい環境なのだと思います。 

 でも個体数が少ないおかげで餌の競争率が低いためか、毎回尺クラスを拝めるほどにサイズには恵まれています。

 今年は父が尺イワナを釣り上げました。

201608113
201608114_2


 大きさだけではなく、ここのイワナはとにかくキレイなことも魅力だと思います。 

 特徴は華やかな色彩と水まんじゅうのような透明感。 

201608115201608116

 全部が全部こんなにキレイなわけではありませんが、多くの個体がこのイワナに見られるような特徴を少なからず備えています。 

 特に目を引くのが色のついた斑点の色。 黄でも橙でもなく、淡い桃色の斑点はこの沢以外では見たことがありません。 さらに鰭や腹と、口元にまで滲んだオレンジ、緑がかった背中、主張しすぎない白斑の組み合わせが絶妙で、イワナ好きなら一目見ただけで心を奪われるに違いありません。

 あの美しさが写真では伝えきれないのが残念です。

201608117


 完璧な渓谷美の中でこれほどキレイなイワナが釣れれば大きさなどどうでもいいのですが、最後には私にも尺には届かないものの良型が釣れました。

201608118
 

 この沢は今年で3度目の遡行になりましたが、初めて訪れたときの印象そのまま、まったく色褪せることのない最高の場所でした。

 我儘極まりないことですが、ここだけはこの先もずっと誰も知らない秘密の場所であってくれたらと思います。

 

2016年2月24日 (水)

昨シーズン回想2

 尺イワナと出会った翌日。

 この日は同水系の別の沢筋へ。

 高低差はあるものの、こちらの沢には林道が通っており、いくぶんかお気楽な源流行。

 それでも色々な要因が重なって人が来ることはほとんどなく、圧倒的な魚影で楽しませてくれます。

 この沢での最大は今のところ泣き尺。 大イワナと呼べる魚とも遭遇しており、サイズ的なポテンシャルにも期待が持てる所です。

 しかしここでもひどい渇水は相変わらずで、ところどころ流れが途切れてしまう始末。 こんな環境で本当に魚類が生息できるのかと思わず疑ってしまうような状態ですが、舐めるなと言わんばかりにイワナが顔を出します。 

 いやあ本当に凄まじい生命力。 心配をよそに逞しく生きのびていました。

Photo

 

 

 さて、いいサイズのイワナには結局出会えませんでしたが、ちょっと珍しい奴と遭遇してしまいました。

 彼と会うのは念願だったような、そうでないような微妙なところでしたが、実際会ってみて、まあいい経験だったかなと思っています。

 それは行く手を塞いでいる大きな岩をよじ登って上に顔を出した時のこと。 

 急に開けた視界の先で大きな影が動いたのが目に入りました。

 距離は20メートルほど。 一瞬だけ見えた黒い塊が藪に吸い込まれるように消えて、ガサガサと草木を揺らしながら斜面を駆け上がっていきました。

 

初めて見る野生の熊の姿に、思わず「うおっ・・・」と声が漏れました。

 この状況の下では危険な思考かもしれませんが、意外と恐怖はなく、何だか感動で呆気にとられてしまいました。 

 今回は熊のほうがすぐに逃げてくれたのでこんな呑気なことを言っていられますが、睨み合いになっていたらきっとぜんぜん違う感想になっていたのかな・・・。

2



 

2016年2月19日 (金)

解禁前 昨シーズン回想

 昨年の釣りを1単語で表すとすれば、「イワナ」あるいは「山」。 シーズン終盤の更新をサボっていたのであまりイメージにないかもしれませんが、そんな感じでした。

 年々手つかずの川と魚を求める気持ちが強くなってきたことで自然と山へと足が向き、それに伴ってイワナと顔を合わせる機会も多くなっていきました。

 そんな昨年を象徴する釣りの一つが、父と行った、盆の新潟のとある地方での一幕。

 生来この土地と付き合ってきた父でも未踏だった奥地へと足を踏み入れました。

11

 

 両岸は高さ数百メートルはあろうかという急峻な崖。 底を流れる沢に河原はほぼなく、まるで巨大な水路のよう。

 そんな沢を、へつって巻いて泳いで、イワナを求めて奥へ奥へと進んでいきました。

 橋や堰堤はもちろん、ゴミの一つもない完璧な自然。 そんな環境にいるイワナだから、当たり前のごとく綺麗。 文句のつけようがありません。

 ただ、活性がこれでもかというほど低い。 原因は最悪レベルの渇水。 傾斜の急な沢なのに流れにまるで勢いがなく、淀んだ水溜まりのようなプールには流下物が溜まったままになっていました。 イワナの反応は終始鈍く、まるで閉め切った部屋で熱中症にかかったよう。 

 いまいち満足の1本が出ないまま、越えられなさそうな滝に突き当たり、遡行も終わりを迎えました。

 直前のポイントで父は9寸のイワナをゲットしたため、今度は私の番。

 狭く深い滝壺にスプーンを放ると、これまでの無気力なイワナたちとは違ったチェイス。 それも、この日釣ってきたどのイワナよりも大きい。 やはり水がよく動く場所だと少しは違う。 こういうイワナがいれば、スレとは無縁なのであっさり喰ってくれます。

22


 今まで釣ってきた中でも、最も人との交流を断たれた環境に棲むイワナの尺を越えた姿。 渇水にずいぶんと苦しめられましたが、これが見られればまずまずでしょう。

33


 個人的にイワナの一番綺麗だと思うポイントが、背中。

 薄く緑がかった地色にくっきり浮かぶ大柄な白斑。このあたりのイワナを見て育った私達にとっては、これこそイワナの象徴といえます。

34

 さて、満足なイワナが出ましたが、きっとこの沢のポテンシャルからすれば、この程度は小物なんじゃないかと思います。

 何せ、今では夢のような話ですが、この沢が流れ込む渓流の別の支流で、父は2尺を超えるイワナを2度も手づかみしたことがあります。

 その沢と比べても格段に環境が良く、人もほとんど寄り付かないこの場所なら、今でも化け物のようなイワナを育んでいたとしても不思議ではありません。 

 もしかしたらあの滝壺の底では、尺イワナが釣られる様子を、“ヌシ”がじっと見ていたのかも・・・

 

2014年5月15日 (木)

イワナ旅

 GWの話がまだ残っています。 前半戦の栃木での釣りのあとに一旦帰宅し、後半は父と3年ぶりに春の新潟・福島へ行ってきました。

  最初に訪れたのは、去年の夏によく釣れた新潟の川。 まだ雪が大量に残っていましたが、魚たちは目覚めて活動を始めていました。

 

2

 釣り始めてすぐに私のルアーに大きな魚影が反応しました。

 30中盤はあったでしょうか。 底からふわっと浮いてきたその魚は、探るようにルアーをチェイスし、そしてそのままゆっくりとした動作でショートバイト。 しかし残念ながらフッキングには至らずゲームオーバー。

 イワナに縁のない私には記録更新に充分なサイズでした・・・。

 

 父が先にこの日最初のイワナをゲット。 相変わらずここのイワナは綺麗です。

 まもなく私にも今年最初のイワナが出ました。

 Photo_2

 9寸ですが尺イワナのような厳つい顔に先のショックが少し和らぎました。

 そして次にはこんなイワナ。

3_2

 こちらは逆に優しい顔つきの泣き尺。 サビも抜けて鮮やか。 ところでこのイワナと比べてみても、やはり最初の魚はこんなものではありませんでした・・・。

 サイズはこれ以上伸びませんでしたが、お互い満足に釣れてこの川を後にしました。

 

 この日は父の伯父の家に泊めてもらいます。 夕方、家に着いてまだ少し時間があったので、今度は一人で村の谷底を流れる川へ入ってみました。

 先程の川が流れ込む少し大きな渓流ですが、夏になると渓魚はチビヤマメくらいしかいなくなってしまいます。 しかしこの時期にはまだイワナがいるようで、数十分の短時間でしたが28cmのイワナがヒット。

 

 4_2

 

 

 これにて初日終了。 普段イワナに縁がないので、これくらい釣れれば大満足です。 

 

2014年2月 1日 (土)

去年の釣り4 新潟

 

 去年のお盆は父と新潟へ遠征。 何度かここで父が話していた水系です。 その中のある1本の沢は、かつては大イワナの住処で、何と60センチオーバーが2度も捕らえられていました。 最後に捕られた方でも、その時私は3歳だったので、もう15年以上も前ですが。

 

 そう、残念ながら、昔の話なんです。現在では、当時の面影が全く感じられない流れになってしまいました。

 ここで大イワナを見たのは、私が最後でした。小学4年生の頃に明らかに40オーバーの個体を見たのですが、その頃はすでに環境悪化の進行の最中でした。 今では水質が目に見えて悪くなり、大イワナどころか魚影自体が薄くなってしまいました。

 

 川の悪化が始まる頃、上流に小さな観光施設ができました。 これが原因と断定することはできませんが、全く関連がないとも言いきれません。 とにかく、この沢は変わってしまいました。 魚の有無以前に、記憶と違う藻のはった流れには魅力が感じられません。

 

 

 しかし今年、同水系の父も訪れたことのなかった最奥部には、昔の片鱗が残っていました。

 

 釣り人の形跡はもちろん、砂防堰堤一つない完璧な自然。 森に浸食された古い登山道だけが、人間の唯一の痕跡。あの沢と同じ山に水源があるとは思えない程の水の透明度。 そして、元気な艶々のイワナたち。

 

 父から聞いていた昔の川を彷彿とさせる魚影の濃さには、ただただ驚かされました。 バラシも含めれば、二人で何匹掛けたことか・・・

Photo

 最大は泣き尺でしたが、まだ若々しく見える個体です。 きっと今頃は尺を越えて、まだ大きくなっていくのでしょう。 そして、この沢にはもっと大きい個体がいて、伝説になりつつある60オーバーも、きっとこの沢の何処かにいるのではないか、そんな風に思いました。

 

その他のカテゴリー