« 2016年9月 | トップページ | 2017年4月 »

2016年10月

2016年10月 4日 (火)

閉幕

201609301


 北アルプス登山の話の続きや、木曽川での釣りの話、地元秩父で釣れたキレイなヤマメの話など、先に書くべきことが溜まっているのですが、どれも書かないうちにだいぶ時間が経ってしまいました。

 なのでそちらは後回しにして、まずはいい魚が出たタイムリーな最後の釣りから書いていこうと思います。

 

 9月30日、イワナやヤマメが釣れる今年最後の日、平日にもかかわらず幸運にも私は丸一日釣りに行く時間をとることができました。

 思い返すと今年はイワナ釣りに出かけることが多く、いつもの年に比べてヤマメの顔を見ていないことに気付いたので、この日はいつもより下流に狙いを定めました。

 最終日なので、有終の美を飾るために本気の釣りをしたいような、逆に最後くらいのんびりしたいような微妙な心持ちでしたが、朝一のポイントで尺クラスの赤黒いヤマメの素早いチェイスを見たのをきっかけに、やる気のスイッチをオンに。

 でも秋はやっぱり難しい。 そのヤマメはそれっきりで、その後は何も反応がないまま時間がすぎてゆく・・・

 しかし他にもいいヤマメがこの流域に入っている可能性は充分に高いので、集中力をキープしながら釣りを続けると、数時間後にようやくまずまずのヤマメの引きを味わうことができました。

 釣り上げてみると26センチほどのメスのヤマメでしたが、期待を高めるには十分でした。

 この1匹が、いつもなら面倒になって粘れない大場所でも攻め抜く気力をもたらし、次の魚に繋がる重要な足掛かりになりました。

 

 巨大なプールで、普段ならとっくに次のポイントに進んでいる頃、何度もトレースしたラインで明確なアタリが。 

 大物というほどではないけれど、いいサイズだとはっきり分かる手応えを感じながら手繰り寄せてくると、鮮やかなオレンジ色が目に飛び込んできました。

 そこからは焦って少し強引になってしまいましたが、なんとか無事に最高のヤマメをネットに収めることができました。

201609305_2
201609303
201609304

201609302_3



 とてつもなくキレイな雄の尺ヤマメが今年最後の釣りを飾ってくれました。 

 こんな完璧なヤマメで〆られるならこれ以上のことはありません。

 その後も少し釣りを続けたのですが、もう充分な気がして、昼下がりには竿を畳んでしまいました。

 これにて今期は閉幕。

 学生時代の最後にふさわしい、本当に楽しいシーズンでした。

 半年間楽しませてくれた川と出会った全ての魚に感謝・・・

« 2016年9月 | トップページ | 2017年4月 »