« 早起きのご褒美 | トップページ | 水の中 »

2016年8月 3日 (水)

梅雨明け

 ようやく雲が晴れてくれました。

 いよいよ一年で一番好きな1ヶ月の始まりです。

 梅雨明けの声を聞いてから最初の釣りは、4月にも行ったお気に入りの渓へ。

201607302


 この日はよく釣れました。

 大場所にはだいたい魚が入っていて、ちょっとくらいキャスティングをミスしても、離れたところから飛び出してきて、勢いそのままにルアーを掻っ攫っていくような大らかな反応を楽しめました。

201607301

 相変わらずほとんどのヤマメたちは側線上の赤みが強い。

 そして体型は春に来た時よりもずっとパワフルになっていました。 魚影は濃いですが、それ以上にエサも豊富なようです。

 でも大きさはいまひとつ。7寸から良くて8寸未満くらい。

201607303

 前回はイワナとヤマメが半々くらいで釣れたのですが、今回イワナは8寸が1本だけ。

 非常に活性が高い日だったので、ヤマメに牽制されてイワナは出てこられなかったのかもしれませんね。

201607308

 

 平地の気温は当然のように余裕の30度超えだったこの日。

 寒い時期には少し危険な高巻きをしなければならないゴルジュは、泳いで突破しました。 このほうが安全だし、何より快適。 今の時期はこういう遊び方ができるから好きです。

 そのゴルジュの先、魚の反応はさらにハイに。

 そしてやっと良型もヒット。 底に張り付くように踏ん張ってなかなか浮いてこなかったのでイワナかなと思っていましたが、浮いたところで赤い帯とパーマークが見えてドキリ。

 慌てて掬った相手はこの日一番のヤマメでした。

201607305

 測るまではひょっとすると尺上かもしれないなんて思っていましたが、そう見えたのは、源流の魚にしては立派すぎる肉付きのせい。

 でも実際の大きさも9寸オーバーだったので、充分に満足のゆく1本でした。

 そして色合いの良さもかなりのもの。

 ゴツい体にこの繊細な色の組み合わせは反則です。

201607306201607307

 そんなヤマメだったのでもっと綺麗に写真に残したかったのですが、有り余るパワーであっという間に脱走。 

 少し名残惜しかったですが、元気に帰ってくれてなによりです。

 

 さあ、大好きな梅雨明け後の釣りも始まりましたが、もう今シーズンも残り2ヶ月。

 悔いの残らないよう楽しみましょう。

« 早起きのご褒美 | トップページ | 水の中 »

コメント

相変わらず調子がいいですね♪
他の水系であまり山女の釣果がないので比較ができませんが、それでも秩父山女は本当に美しいと思います。あの美しい山女に出会うために、ついつい秩父に通ってしまいますよね。

>リンゴさん

確かに荒川水系のヤマメは体側の赤と背中の青ざめたような色が独特でキレイだと思います。
いつかはそんな大ヤマメを・・・と思っています。
通っていればいつか出会えますかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251909/66827068

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け:

« 早起きのご褒美 | トップページ | 水の中 »