« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月23日 (火)

最後の夏休み 2

 翌日は別の支流へ。

 こちらの沢も人の気配はまるで感じられません。

 入渓点からしばらくは背丈を超える草が生い茂り、やっとその先の森に抜け出たら、頼りない踏み跡には簡単にどかせそうな邪魔な倒木も堂々と横たわったままになっていました。

 川辺に降り立ち、砂地に足跡を探す・・・

 やはり、ありません。

 先に準備を終えた父が釣りを始めると、一投目から2匹のイワナがチェイスしてきたといいます。 このときから期待は持てそうだと感じていましたが、まさかこの先にあれほどまでのイワナの楽園が待ち受けているとは思いもしませんでした。

201608121
 前日に入った沢に比べれば、渓相も平均的な魚体の色合いの美しさも劣ってしまうのですが、魚影はこちらが圧倒的。

 良さそうなポイントには必ず、本当に1つの例外もなく必ず魚が入っていて、大場所では良型が5、6匹同時に追ってくることも当たり前・・・

 流れの中に定位するイワナを見つけることだって簡単でした。

 禁漁区でもない、放流にも頼らない場所でこれほどの魚影が見られることには驚くほかありません。

 ただし何十匹も釣れたのかというとそうでもありませんでした。

 離れたところからすっ飛んできたり、絡みつくように何度もチェイスしてくるところまでは釣り人を知らないピュアなイワナの反応に見えるのに、なぜかバイトまで至らない・・・

 足跡もゴミも一つもなく、入渓ルート以外には踏み跡すらないので、やはりどう考えてもスレているとは思えないし、第一この異常なまでの魚影の濃さは誰も来ていないことを証明しているように見えるのですが、本当にたくさんのイワナに見切られてしまいました。

 でも反応した魚は必ず喰うような状態だったら、きっと釣れすぎて飽きてしまったと思います。

 それでも普段に比べたらずいぶん釣れたんですけどね。 

201608123
 このゆうに尺を超えるイワナも、結局釣り上げることはできませんでした。

 屈折のせいで目が飛び出て見える不恰好な写真しか残せませんでしたが、釣れたらきっと絵になるイワナだったんだろうなあ・・・

 近づいても逃げなかったので、いっそ掬ってやろうかと思って水中にネットを突っ込んだら、さすがに逃げられました。

201608122
 

 実際に釣れた大きさは、私も父も泣き尺が最大でした。

 これは確か私が釣った28センチほどのイワナ。

 鳥につつかれたのか、増水で流れた石に挟まれたのかは分かりませんが、尾鰭がちぎれていました。

 完全な状態でも尺には届かなかったかな・・・

 結局大物には出会えませんでしたが、この日もとびきりのキレイなイワナに出会うことができました。

 ある白いナメ床と砂のプールで9寸ほどのイワナがヒット。

 このくらいの大きさならこの日は何匹も出会ってきたので最初は特に驚きもなかったのですが、はっきり目視できる距離まで寄せたところでキレイな青い背中が見えました。

201608124
 

 爽やかで瑞々しい最高の美魚がネットに収まり、前日の沢のイワナに勝るとも劣らないその姿にしばし釘付けになってしまいました。

 沢はまだまだ奥まで続いており、登っても登っても最後までイワナの姿が絶えることはありませんでしたが、時計を見るともう午後2時。 後ろ髪を引かれる思いでもと来た道のりを引き返しました。

 家に戻ると、大叔父が豪勢な夕食を用意してくれていました。 疲れた体には有難いです。

 それから私たちも、あれだけ魚影の濃い沢だったので、久~しぶりに2匹のイワナを頂戴してきました。 今の時代、どれだけ魚影が濃かろうと推奨されるべき行為ではないのかもしれませんが、自分で釣った天然のイワナを食べることには何ものにも代えがたい喜びがありました。

201608125
 

 夕食のあとは2日分の釣りの疲れを癒すように早く布団に潜りこみました。

 照明を消してしまえば、光は家の前にある古い電灯か月や星の輝きしかなく、部屋はほとんど真っ暗。

 そんな中で聞こえてくる、すぐ近くを流れる川のせせらぎ、虫やカエルの声・・・

 年に何度も味わえないノスタルジックな夜の心地よさに、あっという間に眠りに落ちてゆきました。

 

 

 そして翌日。

 ゆっくり目を覚まして遅めの朝食を済ませたあとで、大叔父に別れを告げて新潟を後にしました。

 

 物心つく前からのこと・・・

 この土地の村を流れる渓流で、父や親戚たちから川遊びを教わりました。

 それ以来私にとっての夏休みといえば、この場所での川遊びが最大のイベントでした。 

 きっと幼い頃からのあの経験がなければ、釣りを好きになることもなかったと思います。

 毎年毎年、本当に楽しませてくれたこと、釣りに出会うきっかけを与えてくれたこと、この場所には感謝してもしきれません。

 最後も楽しませてくれてありがとう。

 

 さようなら、夏休みと思い出の場所・・・

 

 ・・・まあ、社会人になっても暇さえあれば来ると思うんですけどね。 大袈裟に書きすぎました。

2016年8月16日 (火)

最後の夏休み 1

 学校の夏休み自体は9月下旬まで続くのですが、感覚的には、やっぱり夏休みといえば8月いっぱいまでな気がします。

 そして、秋が来る焦燥感もなく夏を満喫していられるのはお盆まで。

 今年度で学生生活を終える私にとっては、このお盆が何も気にせずに夏を過ごせる最後の時間でした。

 

 そんな時間を過ごした場所は、祖母や父が生まれた新潟のとある山村。

 今は大叔父が守る先祖代々の家に厄介になりながら、私も生まれた時からお盆にほぼ毎年来ているこの場所で、父と一緒に釣りをしてきました。

201608111


 初日は、昔の村の住人でも滅多に行かなかったという渓へ。

 今ではなおさら知る人などほとんど居ませんが、私たちにとっては屈指の名渓です。

 それなりに良いサイズの魚に期待が持てることも気に入っている理由のひとつですが、大きな理由は圧倒的な渓谷美とイワナの美しさ、そして誰にも知られていないという点。

 色々な偶然が重なって成り立っている奇跡のような場所です。

201608112

 唯一欠点を挙げるとすれば、他の支流に比べて随分魚影が薄いこと。 恐らくイワナにとっても厳しい環境なのだと思います。 

 でも個体数が少ないおかげで餌の競争率が低いためか、毎回尺クラスを拝めるほどにサイズには恵まれています。

 今年は父が尺イワナを釣り上げました。

201608113
201608114_2


 大きさだけではなく、ここのイワナはとにかくキレイなことも魅力だと思います。 

 特徴は華やかな色彩と水まんじゅうのような透明感。 

201608115201608116

 全部が全部こんなにキレイなわけではありませんが、多くの個体がこのイワナに見られるような特徴を少なからず備えています。 

 特に目を引くのが色のついた斑点の色。 黄でも橙でもなく、淡い桃色の斑点はこの沢以外では見たことがありません。 さらに鰭や腹と、口元にまで滲んだオレンジ、緑がかった背中、主張しすぎない白斑の組み合わせが絶妙で、イワナ好きなら一目見ただけで心を奪われるに違いありません。

 あの美しさが写真では伝えきれないのが残念です。

201608117


 完璧な渓谷美の中でこれほどキレイなイワナが釣れれば大きさなどどうでもいいのですが、最後には私にも尺には届かないものの良型が釣れました。

201608118
 

 この沢は今年で3度目の遡行になりましたが、初めて訪れたときの印象そのまま、まったく色褪せることのない最高の場所でした。

 我儘極まりないことですが、ここだけはこの先もずっと誰も知らない秘密の場所であってくれたらと思います。

 

2016年8月 7日 (日)

水の中

 入渓しやすく解禁前には放流もあるハイプレッシャーな場所に行ってみました。

 やはり難しく、釣果は5、6寸のイワナとヤマメが数匹でしたが、釣れないだけで魚はちゃんと居ます。 流れの中にニジマスの姿を見つけました。

201607241
 上の写真のどこかにニジマスが写っています。

 さあ、どこにいるでしょうか?

201607242

2016年8月 3日 (水)

梅雨明け

 ようやく雲が晴れてくれました。

 いよいよ一年で一番好きな1ヶ月の始まりです。

 梅雨明けの声を聞いてから最初の釣りは、4月にも行ったお気に入りの渓へ。

201607302


 この日はよく釣れました。

 大場所にはだいたい魚が入っていて、ちょっとくらいキャスティングをミスしても、離れたところから飛び出してきて、勢いそのままにルアーを掻っ攫っていくような大らかな反応を楽しめました。

201607301

 相変わらずほとんどのヤマメたちは側線上の赤みが強い。

 そして体型は春に来た時よりもずっとパワフルになっていました。 魚影は濃いですが、それ以上にエサも豊富なようです。

 でも大きさはいまひとつ。7寸から良くて8寸未満くらい。

201607303

 前回はイワナとヤマメが半々くらいで釣れたのですが、今回イワナは8寸が1本だけ。

 非常に活性が高い日だったので、ヤマメに牽制されてイワナは出てこられなかったのかもしれませんね。

201607308

 

 平地の気温は当然のように余裕の30度超えだったこの日。

 寒い時期には少し危険な高巻きをしなければならないゴルジュは、泳いで突破しました。 このほうが安全だし、何より快適。 今の時期はこういう遊び方ができるから好きです。

 そのゴルジュの先、魚の反応はさらにハイに。

 そしてやっと良型もヒット。 底に張り付くように踏ん張ってなかなか浮いてこなかったのでイワナかなと思っていましたが、浮いたところで赤い帯とパーマークが見えてドキリ。

 慌てて掬った相手はこの日一番のヤマメでした。

201607305

 測るまではひょっとすると尺上かもしれないなんて思っていましたが、そう見えたのは、源流の魚にしては立派すぎる肉付きのせい。

 でも実際の大きさも9寸オーバーだったので、充分に満足のゆく1本でした。

 そして色合いの良さもかなりのもの。

 ゴツい体にこの繊細な色の組み合わせは反則です。

201607306201607307

 そんなヤマメだったのでもっと綺麗に写真に残したかったのですが、有り余るパワーであっという間に脱走。 

 少し名残惜しかったですが、元気に帰ってくれてなによりです。

 

 さあ、大好きな梅雨明け後の釣りも始まりましたが、もう今シーズンも残り2ヶ月。

 悔いの残らないよう楽しみましょう。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »