« 夏の渓に集う人 | トップページ | 梅雨明け »

2016年7月22日 (金)

早起きのご褒美

 先日父から、ここ数年開拓に勤しんできた栃木の渓でようやく尺イワナが釣れたとの嬉しい報告が。

 そんな知らせに刺激されて、今回は気合いを入れてちょっと早起きしてみました。

 行き先は、春に大きなイワナと、どぎつい発色を見せるイワナが釣れた沢。

 今回はそのさらに奥の開拓。

 深夜2時前に家を出てきた甲斐あって、さらに平日ということもあり、私と同じ流域を目指す先行者の姿はありませんでした。

 そんなわけで期待感いっぱいで釣り始めたものの、反応は渋め。 以前来たときと比べるとずいぶん流れが弱々しい。 それでも平水以上の水量はありそうなのですが、増水時のようにはいきません。

 かなりの距離を歩きましたが、8寸未満のイワナが2匹だけ。 

 そのうえ、ルアーをついばんだゆうに尺を超える魚を掛けそこねる・・・。 まあ、いい魚がいることが知れただけ良かったかもしれません。

 ここまでスプーンにこだわって釣り続けてきましたが、あまりに状況が良くないのでミノーにチェンジ。

 すると、今までの渋さが嘘のように湧いて出るイワナたち。

 あっというまに9寸超が2つ掛かりました。

201607201201607202

 これはそのうちの一本。 秩父イワナの特徴の一つである、鰭のオレンジの縁取りがはっきりと見てとれます。 

 しかし以前に釣ったあの極彩色と比べるとだいぶ控えめな色。 

 今まで秩父イワナの可能性がある流域での釣果があまりにも少ないので何とも言えませんが、あれほどまでの発色を見せるものは稀なのでしょうか。

 その後もスプーンでは当たらず、ミノーばかりを狂ったように追うイワナたち。

 よほどハマった日だったのか、大きなイワナも躊躇いなくミノーを銜えこんできました。

201607203
 尺をゆうに超え、大物の基準としている35㎝に迫るサイズだったものの、あと1ミリに泣かされました。

 それにしても鰭の大きさがやけに目につく魚体です。 尾鰭はもちろん、胸鰭なんかも翼のように大きく発達しています。

201607204201607205
 大きさはもちろんのこと、雄らしい厳つさと魚体の美しさも嬉しいところ。 なかなかに秩父イワナらしさを持った個体だと思います。

201607206201607207

 手早く撮影を済ませて流れに放してやると、勢いよく水を蹴って帰っていきました。

 まだ日は高い時間ですが、いいイワナが出たし、駐車ポイントまでまたしばらく歩かなければならないのでここで終了。

 今回は父からの便りに触発された形ですが、気合いを入れて一番乗りで入渓したおかげでいいイワナにありつけたと思います。

 
 あまり得意ではないのですが、釣ろうと思ったら早起きは大事ですね。

« 夏の渓に集う人 | トップページ | 梅雨明け »

コメント

早起きは辛いですが。こういった出会いがあることもあるので、頑張ってしまいますよね。
それにしても秩父岩魚らしい綺麗な魚体ですね。
おめでとうございます!
残りの後半戦で、写真のような岩魚に出会いたいものです。

>リンゴさん

ありがとうございます!
リンゴさんは前半戦はお忙しくてなかなか釣りに行けなかったんですよね。
その分、残りの2ヶ月でステキな魚に出会えるといいですね!
お互い頑張りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251909/66621770

この記事へのトラックバック一覧です: 早起きのご褒美:

« 夏の渓に集う人 | トップページ | 梅雨明け »