« 春の大岩魚 | トップページ | 飽食 »

2016年5月29日 (日)

ご当地イワナ 秩父と武尊

 ご存じのとおり生息地によって多彩な表現を見せるイワナたち。

 関東にも、2系統の特徴的な表現を持った個体群が居ます。

20160423062016050801
上: 秩父イワナ 27㎝ 4月23日

下: 武尊イワナ系 28.5㎝ 5月8日

 大きさも釣った時期も近いこの2匹。

 まずは秩父イワナ。

 荒川水系の源流域に生息する個体群で、人によってはその中からさらに2タイプに分ける場合もあります。 鮮やかなオレンジ色に染まる鰭と腹に、金色の肌、そして目がチカチカするほどの蛍光色を放つ橙斑と、ぼやけるようなごく淡い白斑が特徴です。 

 他地域産のイワナとの混血が進んだことで純粋な秩父イワナはめっきり少なくなったそうですが、幸い現在でも一部の渓では壊滅を免れています。 

 これが恐らく私が出会った中では最もネイティブに近い個体で、生で見ると他のイワナとは別物な印象を受けました。 薄暗い源流では異質にも感じる、まるで熱帯魚を思わせるようなハデさ。

 一方の武尊イワナ。

 こちらも、腹や鰭、体側の斑点に赤やオレンジを強く発色し、背鰭より前方の背中の白斑が薄くなるという特徴をもっています。 名前のとおり、群馬県の武尊山系に源を発する川に生息する個体群です。 

 しかし、武尊山は利根川支流のいろんな水系の水源になっており、どの水系のものを指して武尊イワナと呼ぶのか、はっきり分かりません。 あるところでは片品川水系と言われていたり、またあるところでは薄根川水系と言われていたり・・・。 名前的には武尊川が一番それっぽい気もする・・・。 それとも武尊山系のイワナなら全部を武尊イワナと呼ぶのか・・・。 

 したがって今回釣った個体は、残念ながら武尊イワナと言い切ることはできません。

 でも、異質な赤さを持った外見は、噂に聞く武尊イワナと重なるものがあります。

20160423072016050802
 上:秩父イワナ

 下:武尊イワナ系

 

 比べてみると、秩父イワナのほうは爽やかで、武尊イワナのほうはより濃厚でエグい感じ。

 それぞれの系統の中でも個体差はあるでしょうし、撮影環境も違うので一概には言えませんけどね。 武尊イワナのほうなんかひどくピンボケしちゃってますし。

 ニッコウイワナにしてはあまりにも鮮やかなこの2系統のイワナは、面白いことにどちらもヤマトイワナに関わるエピソードを持っています。

 秩父イワナの色彩は、大昔に山を越えて放流されたヤマトイワナの形質が、長年をかけて固定化したものだという噂があります。 

 しかし、秩父の山一つ越えた先の笛吹川水系には、現在ヤマトイワナの生息地はないそうです。 あちらは逆に、秩父から運ばれたニッコウイワナと混血したのか、そもそも最初からヤマトは居なかったのか・・・ 

 さらに、昔はヤマトが居たとしても、生きたまま秩父まで魚を運べたのかなどの疑問もあり、この話は噂の域にとどまっているようです。

 

 武尊イワナは、遺伝子を調べたところヤマトイワナに近いDNA配列を持っていたとか。

 こちらこそ、ヤマトを放流したなんて考えにくい土地ですが、外見は確かにヤマトっぽい。

 そういえば、本来のヤマトイワナの生息地から遥か遠く離れた秋田の八幡平周辺にも、ヤマトみたいなイワナがいるそうです。

 そもそもイワナを、アメマス、ニッコウ、ヤマト、ゴギの4種に分けることを疑問視する説もあるくらいなので、一部のニッコウイワナが偶然ヤマトっぽい外見に進化しても不思議ではないと思います。 

 まあ私がいくら考えても、彼らの正体が何なのかなんて分かるわけがありませんが、色々と想像を巡らせるのは楽しいですね。

 イワナの世界、奥深いです。

 

 

« 春の大岩魚 | トップページ | 飽食 »

コメント

実に奥深い世界ですね!
だから釣り人を魅了するのでしょう。
私も原種に近い秩父岩魚に出会いたいものです。

>リンゴさん

機会があれば、ぜひ肉眼で直接見ることをおススメします!
食欲減退するくらい凄い色してますよ・・・
場所は有名なので、恐らくご存じかと。

武尊のほうも、いつかもう一度釣って、もう少しまともな写真を残したいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251909/65728582

この記事へのトラックバック一覧です: ご当地イワナ 秩父と武尊:

« 春の大岩魚 | トップページ | 飽食 »