« 昨シーズン回想3 山とヤマト | トップページ | 開幕 学生時代最後のシーズン »

2016年2月29日 (月)

昨シーズン回想4 最後の尺イワナ

 昨年の最終釣行は、4月にいい釣りができた山梨の渓へ父を案内しました。

 あまり釣果には期待せず、イワナと山との触れ合いが多かった昨年らしい場所で竿が出せればそれでいいかなと思っていましたが、素晴らしい2本のイワナが最後を飾ってくれました。

201501

 まずは手のひらサイズのチビイワナでしたが、ランディングしてみてびっくり。

 ぱっと目につくポップな色彩はパレットのよう。

 スポットの色は、側線では白に縁取られたみかん色。 その上段ではアイボリーに変わり、背中ではなんと水色。

 アブラ鰭は白とオレンジのマーブル模様を描き、まるで金魚の鰭。

 日本の川で最も美しい魚はヤマメかアマゴだと信じて疑いませんでしたが、信念を揺るがすようなイワナがこの渓には居ました。

 父にもキレイなイワナを釣ってもらいながら遡行し、昨年最後の釣りも終盤に差し掛かった頃、次は良型が私の竿を絞りました。

 201502




 昨年を締めくくったのは、雄の白い尺イワナ。 これが釣れれば、何も言うことはありません。

 これほど綺麗な尺イワナとの出会いは初めてのこと。 やっぱりこの渓は最高だ。

 最後には父も9寸クラスを出し、お互い最高の気分で昨シーズンを終えました。

 結局、痺れるような大物との出会いは果たせませんでしたが、より釣りの楽しさの本質に迫れたような気がする半年間でした。

 今年はどんなシーズンになるでしょう。

 あと6時間と少し、この夜が空けたら、2016年の釣りも始まりです。

 

 今年も、よい時間が過ごせますように・・・

201503

« 昨シーズン回想3 山とヤマト | トップページ | 開幕 学生時代最後のシーズン »

コメント

はじめまして。
いつもブログ楽しみに拝見させて頂いてます!
今シーズンは鬼怒川どうですか?

>ヨネさん

はじめまして。 ご覧いただきありがとうございます!

さて、鬼怒川の様子ですが、正直に申し上げてまったく分かりません・・・。
今年は渓流にもっと力を入れようと思っていたので鬼怒川漁協の年券は買いませんでした。
憶測でしかお話できませんがご了承下さい。

かつての深場が埋まったり、流れの位置が移動してしまったという話はよく聞きますね~
ですが一方で必ず新しいポイントはできるはずなので、大丈夫だと思います。 

ネット上の釣果情報は、例年に比べて少ないように感じます。 やはり稚魚や弱い個体は死んでしまったのかもしれません。 あらかじめ個体数は昨年より落ちると覚悟して臨んだほうが、がっかりせずに済みそうです。

また、あくまで予想ですが、サイズは今年から2、3年は良くなるのではないかと考えています。 大水に乗って山から大量の栄養素が流下してきたはずなので、ベイトや生き残ったヤマメの成育に良い影響を与える・・・ような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251909/64210829

この記事へのトラックバック一覧です: 昨シーズン回想4 最後の尺イワナ:

« 昨シーズン回想3 山とヤマト | トップページ | 開幕 学生時代最後のシーズン »