« リベンジ? | トップページ | 合わせて四尺二寸 »

2015年7月25日 (土)

先月

 6月7日。

 

 7月6日ではありません。 6月7日です。 一応、前回のつづき。

 さて、なぜこんなに前の話をしようと思ったのかというと、ちょっと珍しい出来事がありました。

 そして、なぜ今まで放置していたのかというと、暇な時間は直後に始まったインターンシップの疲れで寝ているか、元気があれば釣りに出かけているかのどちらかだったためです。

 1

 

 その日は鬼怒川下流部の鮎解禁日。

 混雑を避けて上流部へと入っていました。

 うろ覚えですが、確か増水の影響が多少残っており、良さそうな感じだったと思います。 

 しかし反応はイマイチ。

 いつもなら大きなポイントを攻めれば必ずコツッと来るのですが、この日はなかなかバイトしませんでした。 やっと掛かった小さめのヤマメもあっけなくバレる始末。

 こんな様子のため集中が切れたのか釣り下るのが早くなり、下流にいたルアーマンに追い付きそうになってしまいました。

 そのさらに下流にはフライマンが陣取っていたため、その方もどこかに移動するかも・・・と思い、確認のために声を掛けてみると・・・

 お話をしながら、何だか見覚えのある組み合わせのタックルだな~と思っていたのですが、その人以外絶対にありえないネットを背負っていることに気付いて確信しました。

 なんとその方はブログを通してたまにお話をしているYAMさん。

 お互い存在だけを知っている方に川でお会いするという経験は滅多になかったので何だか新鮮な気分でした。

 ちなみに釣果の方は、自分がさっぱりの状況下で、この時点ですでに3匹。 やはり釣る人にはちゃんと釣れるようです。

 YAMさんから、こちらの動きは気にせずお好きなようにと言って頂けたので、しばし雑談をした後に別れ、空いているポイントへと移動。

 YAMさんといえば鬼怒川上流部の大物師です。

 そのパワーがほんの少しだけ私にも乗り移ったのか? 移動した先であっさり綺麗な尺ヤマメがヒット。

 2

 前日の1匹より数ミリサイズダウンしてしまいましたが、この時期この流域なら私にとっては充分すぎます。 何より、ヤマメらしいバランスと色艶が素晴らしい。

 3_2

 あとは続かず、ギリギリのところでのボウズ回避となりました。

 幾分かは昔より上達したため、このあたりに来ればボウズになることはもうないな~なんて思っていましたが、何事も慣れてきた頃が一番危ないですね。

 でも連日尺ヤマメという久しぶりの体験ができた上にYAMさんにお会いすることまででき、良き1日となりました。

 そういえばこの日は誕生日でした。

 

 

« リベンジ? | トップページ | 合わせて四尺二寸 »

コメント

お忙しいようですねぇ~
ブログの更新はできないが、釣りには行く・・・同じです(^_^;)
さて、私もブログ等ネットでの知り合いにお会いできたのは初めてです。
なんか不思議な感じですね。
でも色々話もでき、今後も情報交換をお願いします!

>YAMさん

何だかまた凄そうなヤマメを手にしていらっしゃるようで・・・

はい、此方こそ今後とも宜しくお願いします!
また何処かでお会いできるといいですね。

鬼怒川ほどの河川で、ネットのお知り合いにお会いするのは、珍しいですね
いずれホームでヒロさんにお会いできればと思います。

>リンゴさん

もしお会いできたら、その時はどうぞ宜しくお願いします。
就職後はまた住む場所とホーム河川が大きく変わるかもしれないので、今年か来年のうちにお会いする機会に恵まれるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251909/60891444

この記事へのトラックバック一覧です: 先月:

« リベンジ? | トップページ | 合わせて四尺二寸 »