« 春 | トップページ | 新緑 »

2015年4月30日 (木)

ポテンシャル

 鬼怒川本流はいったいどれほどの底力を秘めているのでしょうか。 今年も思わず唸ってしまうような魚が現れました。

 イワナ 53㎝。

 鬼怒川漁協管内の本流ではイワナ自体が非常に少なく、その量はターゲットとしてはとても成立しない程度です。 私自身、鬼怒川は3年前までのホームリバーであり、今でも毎年足を運んでいながら、遭遇の経験はたったの一度です。

 ましてや50オーバーともなれば、その希少性は同サイズの本流ヤマメをも軽く上回るでしょう。

 そんなイワナを釣り上げたのは、こちらにも度々コメントを頂いているYAMさん。 2013年には、何と60超の本流ヤマメまで釣り上げている方です。

 あの時も驚きましたが、今年も鬼怒川の更なる可能性を見せて頂きました。

 

 この大イワナに刺激を受け、次の行き先は迷うことなく鬼怒川となりましたが、まあ、凄い魚はめったに釣れないから凄いんですよね。 

 私の相手をしてくれたのは、かわいいヤマメでした。

Photo

 

 

 

« 春 | トップページ | 新緑 »

コメント

 鬼怒川は、底知れぬ可能性を秘めていることは間違いありません。

 私は、いまだ本流イワナには出逢ったことがなく、憧れの存在です(^_^)

>よっしーさん

よっしーさんの川俣イワナも仰天ものでした。

50センチを超えてなおあそこまで華やかなイワナはそう出会えるものではありませんよね。

ご紹介頂き、ありがとうございます。
何年前だったか、50cmオーバーのヤマメを釣り上げたヒロさんの強烈な印象を未だに覚えています。それ以来、50cmオーバーのヤマメを求め鬼怒川修行が始まりました。(^_^;)
年に一度微笑んでくれるかどうかの鬼怒川の女神(水神様?)ですが、可能性・ポテンシャルを信じ今後も通いたいと思います。
これからも宜しくお願いします。

>YAMさん 

2009年でしたねー。 鬼怒川含め利根川水系全体で当たり年と言われていましたね。 ちなみに今、あれはサクラマスということにしています。 よくよく考えてみると、残念ながらヤマメである可能性のほうが低そうだったので・・・。

 それにしても、あれを上回る魚をまた釣り上げてしまうとは・・・  改めましておめでとうございます!

 ところで、YAMさんが4月25日の鬼怒川釣行で書いていたハプニングの一つって、もしかして川に原付が停まってて― って話じゃないですか? 

もしかして…ヒロさんでしたか?!

>YAMさん

そうです!
心配した地元の方から連絡があったと聞きました。
YAMさんのブログを見たら、日にちがかぶっていて場所も近そうだったのでもしやとは思いましたが・・・

面倒をかけてしまってすみませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251909/59829937

この記事へのトラックバック一覧です: ポテンシャル:

« 春 | トップページ | 新緑 »