« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月17日 (火)

 

 大きさは8寸に少し足りない程度までですが、良いヤマメが釣れ始めました。

13_22_4

 カモシカでさえ滑落した険しい谷底で出会ったヤマメたちは皆一様に強く赤みを帯びていました。 釣り人は少ないようで魚影はまずまず、反応もピュアで大物が潜んでいそうな雰囲気も漂っていますが、あのルートは二度と使いたくない。 また来たいので安全な入渓点を探さないと・・・。

 

 ヤマメにはサビが残りがちで川の景色もまだ冬。

 4_22_6

 

 それでも日差しはずいぶん春めいてきました。 魚たちが活発になるのもそろそろでしょうか。

 1_2


 

 
 

2015年3月 9日 (月)

解禁

 明けましておめでとうございます。 今年も始まりましたね。

 

 遅くなりましたが、私も解禁日に出撃して参りました。 今年も天候には恵まれませんでしたが、心はいつになく晴れ晴れした幕開けとなりました。

 

 初釣行に選んだのは栃木県内の小さな沢。 とても良型が望めるような場所ではありませんが、綺麗な魚で解禁を迎えたいという想いから決めた、年越しのヤマメだけが居る場所。

 今年の解禁前夜は久しぶりに眠れませんでした。 仕方がないので深夜2時頃には布団を抜け出し、ゆっくり準備を整え3時に家を出発、4時には川に着いていました。 

 こんなにも解禁が楽しみだったのはいつ以来でしょうか。 真っ暗な林道で一人、恐怖も眠気も感じることなく、頭にあるのはただ沸々と湧き上がる期待のみ。 結局ほぼ徹夜のまま、午前6時にセットしたアラームを聞いたのでした。

 

 まずは有望な淵の少し下流側に降り立ち、肩慣らしがてら釣り上がることに。 1投ごとに少しづつ感覚が戻ってくるのを確かめながら、丁寧に、丁寧に。

 程なくして辿り着いた淵。 再会の瞬間はもう間もなく。 はやる気持ちを抑え、ミスをしないよう慎重に放る。 そして数投後に返ってきた手応えに、抑えていた高揚感が一気に溢れてきました。

 6

 

 今年も無事に出会えました。 やっぱり小さいですが、望んだ通り、いや、望んだ以上の美魚たちが解禁を飾ってくれました。

 1_25_2

 この日は2時間ほどで4匹のヤマメが元気な姿を見せてくれました。 今年は特に変わった事件が起きることもない、静かな解禁日でした。 

 

 

 

 2


 帰る頃には辺りはうっすらと雪化粧。 山の春はもう少し先ですかね。

 4

 

 さあ今年も始まりました。 また宜しくお願いします。

 

 

 

 
 

 
 




 

 

 

 

 

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »