« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月 5日 (土)

連発

 先週の土曜日

 鬼怒川が好調だという噂を耳にして、濁りの取れたタイミングを伺って行ってみました。

 盛期の鬼怒川は約1年ぶり。 今回はさんざんバラした昨年のリベンジでもあります。

 

 昨年も増水の引き際で水が高かったのですが、今回はそれ以上。 天気は快晴で暑かった昨年に対して今年は冷たい雨。 本来は晴れの日の釣りの方が好きなので、少しがっかりしたような気分にもなりましたが、それは天気予報で初めから分かっていたこと。それに雨が魚の活性を上げるのは間違いありません。 事実、この日はよく釣れました。

 2        

         31㎝

4 

         33㎝

 尺上3匹、泣き尺2匹と、釣果の半分近くが尺前後のヤマメたちでした。  カッパが意味をなさないほど全身ずぶ濡れになり、6月下旬だというのに寒さで膝が震えてきましたが、こう釣れると帰るに帰れず、結局夕方まで遊んでいました。

 332

          31㎝

 今回はこんな美しいヤマメにも出会いました。 尺上で本流育ちなのでさすがに表面は銀化していますが、下地のパーマークははっきりとした輪郭を保ったまま。 いい型が続くとサイズの価値観は変わってしまいますが、綺麗な魚は何匹釣っても綺麗なままです。 震えながら釣りをした甲斐がありました。

 

 さあ、盛期の鬼怒川もやったことですし、本流はこれくらいにして渓流に移行しましょうか。

 明日は久しぶりに晴れの中釣りができそうです。


« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »