« 去年の釣り3 鬼怒川 | トップページ | 去年の釣り5  目標の大ヤマメ »

2014年2月 1日 (土)

去年の釣り4 新潟

 

 去年のお盆は父と新潟へ遠征。 何度かここで父が話していた水系です。 その中のある1本の沢は、かつては大イワナの住処で、何と60センチオーバーが2度も捕らえられていました。 最後に捕られた方でも、その時私は3歳だったので、もう15年以上も前ですが。

 

 そう、残念ながら、昔の話なんです。現在では、当時の面影が全く感じられない流れになってしまいました。

 ここで大イワナを見たのは、私が最後でした。小学4年生の頃に明らかに40オーバーの個体を見たのですが、その頃はすでに環境悪化の進行の最中でした。 今では水質が目に見えて悪くなり、大イワナどころか魚影自体が薄くなってしまいました。

 

 川の悪化が始まる頃、上流に小さな観光施設ができました。 これが原因と断定することはできませんが、全く関連がないとも言いきれません。 とにかく、この沢は変わってしまいました。 魚の有無以前に、記憶と違う藻のはった流れには魅力が感じられません。

 

 

 しかし今年、同水系の父も訪れたことのなかった最奥部には、昔の片鱗が残っていました。

 

 釣り人の形跡はもちろん、砂防堰堤一つない完璧な自然。 森に浸食された古い登山道だけが、人間の唯一の痕跡。あの沢と同じ山に水源があるとは思えない程の水の透明度。 そして、元気な艶々のイワナたち。

 

 父から聞いていた昔の川を彷彿とさせる魚影の濃さには、ただただ驚かされました。 バラシも含めれば、二人で何匹掛けたことか・・・

Photo

 最大は泣き尺でしたが、まだ若々しく見える個体です。 きっと今頃は尺を越えて、まだ大きくなっていくのでしょう。 そして、この沢にはもっと大きい個体がいて、伝説になりつつある60オーバーも、きっとこの沢の何処かにいるのではないか、そんな風に思いました。

 

« 去年の釣り3 鬼怒川 | トップページ | 去年の釣り5  目標の大ヤマメ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251909/54823115

この記事へのトラックバック一覧です: 去年の釣り4 新潟:

« 去年の釣り3 鬼怒川 | トップページ | 去年の釣り5  目標の大ヤマメ »