トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月25日 (土)

去年の釣り3 鬼怒川

 去年の鬼怒川での釣りは、7月6日の1回のみでした。それまでも何度か栃木に帰ってはいたのですが、やっぱりせっかく帰ってきたのだから確実に1匹は釣りたいということで、よく渓流に行ってました。それでも1回は鬼怒川でもやっておきたいということで、増水の引き際のタイミングを狙ったのですが・・・。

 

 川自体の調子はかなり良かったんです。 ですが凄まじいまでのバラシ連発・・・。その数、なんと12ヒット中7バラシ。 そのうちの1匹、強烈なバイトだけを残していったヤマメは、目測35センチクラス。 足元でバレた1匹は尺あるかないかくらいのサイズ。 普段ならその日1日は惜しみ続けるところですが、去年は60オーバーが上がり、50センチクラスも複数本出ていたまさにフィーバー状態の鬼怒川。 その空気の中では感覚が麻痺し、特に惜しい魚だった気はしませんでした。 それよりは、自分の腕の悪さに呆れてしまったというか・・・。

 

 

 でも確実に魚からの反応があるというのは楽しいことです。結局この日の最大は、かっこいい顔つきのマッチョな28センチ。 仮にもっと小さなヤマメでも、ボウズでなければまた気持ちよく埼玉に戻れます。

 

 Photo

2014年1月18日 (土)

去年の釣り2 渓流の遡上ヤマメ

 

 年々悪化する花粉症に負けて引きこもっていたり、地元に帰って釣りをしていたりで、初めて秩父漁協管轄内の荒川を訪れた時、日付はすでに6月23日になっていました。鮎釣りのシーズンも本格化して本流域は混み合うだろうと考えて、居着き狙いで5ft1inのロッドでもこと足りそうな渓流域へ。

 クマの生息圏ともかぶっているのに、そこで釣れたのはまさかの遡上ヤマメでした。

2

 

 1つの大きな淵でチェイスと沈黙を繰り返す魚を相手に、粘って出たのは33センチと36センチ。 この時期すでにここまで遡上ヤマメが差してるのには驚きました。 まだまだ上流には水量豊富な流れが続いているので、おかしくはないのかもしれませんが・・・。

 

 33センチの方には、そこそこはっきりしたパーマークを確認。 しかし、角度が違えば全く見えなくなってしまいます。

 Photo


 

 

 狙いとは違いましたが、これはこれで嬉しい結果でした。

 

 

2014年1月17日 (金)

去年の釣り

 

 5月3日 GW中に地元に帰っての釣り。

 

 去年の最初の尺物は、32センチと31センチの2匹のブラウン・・・

Photo_6

2014年1月11日 (土)

2014

お久しぶりです  って、前回も同じこと書いてますね。

結局昨年は1回も釣りについて書かず終いでしたか、今シーズンはいくらか書いていこうかと今のところは思っています。

昨年も、書くことがなかった訳ではないんです。むしろ今までにない経験があったり、今後も強く印象に残っていくと思えるシーズンだったのですが・・・。どうしても慣れない生活の中ではここに回すエネルギーがいまいち湧きませんでした。

ですが、昨年9か月を過ごして生活にも慣れてきたので、またいろいろと書いて行こうと思います。

今まで読んで下さっていた方、これから読んで下さる方、皆さん宜しくお願いします。

というわけで、まず手始めに昨年のハイライトやハンドクラフトなんかについて書く予定です。解禁までの暇つぶしなんかに読んでみてください。

P9120979

トップページ | 2014年2月 »